FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2018

野良猫偏愛高血圧GIRL 


Flash Piano
プロフィール

うきき

Author:うきき
東京都内在住。

野良猫とヒロトを偏愛する
モヤシっ子。
夢は、ヒロト&マーシーと
江戸川橋の猫公園で
「絵しりとり」をすること。

twitter:noranekohour

月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

26

Category: 旅行

Tags: ---

Comment: 0  

イギリス旅行記② ~リヴァプール観光~
十代の頃、洋楽を聴き始めた影響ではじめて行きたいと思った外国がロンドンだったのに、
大人になって海外旅行をするようになってからトランジットでしか寄ったことがなかった。
トランジットする場所、といつからか思っていた自分が許せない!てことで行きましたよロンドン。
(そんな大ゲサな理由でもないけど)

その前にですね、ストライプスのライブのためにリヴァプール寄りました。
ストライプスのライブがロンドンでもあったんだけど、休みの日程が合わなかったのもあるのと、
ロンドンみたいな都会ではなく、小規模な都市で小規模なハコでのライブが見たかったんです。
そして何よりビートルズの生まれた街ってのが絶好の場所だったんですね。
(リヴァプールの次の日はマンチェスターでその次の日はシェフィールドのライブ行きを企てていたけど企てているうちにマンチェスター・ギグのチケットがSOLD OUTになって一人旅の予定がが二人旅になり…てな番外話もあるけど長くなるし長い割に大した話じゃないから割愛します笑)

で、リヴァプール!
ビートルズとサッカーしかない港町と言われているとおり、ビートルズとサッカーの街でした。
しかないって、それでじゅうぶんじゃないきゃーーー!!!ってリヴァプール湾で叫んで…くるの忘れた。

まず、羽田空港から約12時間かけてロンドンのヒースロー空港に行き、国内便に乗り換えて1時間ほどでマンチェスター空港に到着。そこからリヴァプールまで車で30~40分。特急列車でも行けるようだけど、夜遅くの到着になるので今回ホテルの送迎(有料)をお願いして迎えに来てもらいました。
リヴァプールはとってもいい街でした。
街並み1 RIMG0083 (450x338)
駅近くの都心部は、古くて趣のある建物が並び、ヨーロッパらしい街並み。
海近くの港の方は、美術館や博物館などが点在する近代的な建物が多かった。
街並み3 RIMG0045 (450x338)
リヴァプールの街は、2時間もあれば徒歩でまわれそうな規模。

泊まったホテルの隣がもうビートルズ・ストリートで、
ジョン・レノンの銅像が街角で出迎えてくれます。
ジョン銅像 RIMG0062 (300x400)
そのすぐ斜め向かいに、かの有名なライブハウス「THE CABERN CLUB」があります。
前を通るだけでドキドキします。
キャバーンクラブ RIMG0067 (300x400)
このライブハウスは今でも現役で使用されているみたい。
ここの他にCABERN CLUBという名前の建物がいくつかあるけど、ここが由緒正しいそうです。

そのまた先に、ビートルズのショップがあります。
RIMG0080 (400x300)
思ったより品数がなく、何も買いませんでした。

海近くの近代エリアに立つ「THE BEATLES STORY」にも行きました。
ビートルズ博物館外観 RIMG0046 (300x400)
実際に使用していた楽器や衣装、スタジオや事務所の再現セットが展示されています。
日本語のイヤホンガイドもあり、ビートルズに関するあんなことやこんなことが学べます。
録音風景も再現されていたりと、かなり見応えがありました。
ビートルズ博物館2 RIMG0051 (400x300)
ただね、よーく見ると、メンバーに博多大吉さんが紛れ込んでいたりしますけどね。
博多大吉 (300x400)

ビートルズを堪能したあと、同じエリアにあるTATE美術館で近代美術を見たり、
リヴァプール博物館でリヴァプールの歴史をざっくりと学んできました。

イギリス旅行記③につづく。

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。